« ビルの谷間の月 | トップページ | 須崎橋 »

2007/06/27

飾り山の骨組み

博多祇園山笠の準備が道行く人の目にも見えるようになってきた。

写真20070627a
川端中央街の飾り山。
写真20070627b
上川端通の走る飾り山。これは他の舁き山と違って走る場所によって背が伸び縮みするんだけど、その仕掛けは金属製らしい。
写真20070627c
東流の飾り山。山小屋に横棒を渡してそれで支えている。
写真Pano_20070626_09
517KB。
博多リバレインの飾り山。ここも横棒で支えている。
写真20070627d
新天町で行われていた棒締め。大勢で綱を引っ張ったり木槌で叩いたりしていた。山の台は釘を使わずに組み立てられている。

地下鉄の駅でもらったパンフレットを見ると、標題が「風林火山」関連なのは東流、博多駅商店連合会、川端中央街、新天町など。

|

« ビルの谷間の月 | トップページ | 須崎橋 »

パノラマ写真」カテゴリの記事

旅行・地域-中洲・川端」カテゴリの記事

旅行・地域-天神」カテゴリの記事

町並み-イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8228/15579316

この記事へのトラックバック一覧です: 飾り山の骨組み:

« ビルの谷間の月 | トップページ | 須崎橋 »