« Autostitchで実験(素材ファイルの順番を変える その1) | トップページ | Autostitchの設定(傾きを調整する その1) »

2007/07/01

Autostitchで実験(素材ファイルの順番を変える その2)

Autostitchでパノラマ写真を合成する時にファイルの順番を変えるとどうなるかの実験。

第2弾はOrientation SettingsをManual orientation settings: 0, 0, 0に設定したもの。

合成前Pano_20070522_11index
素材の写真12枚。
合成結果Pano_20070522_11b1
一番若い名前のファイル:DSCN0102.JPG(左上)
  • Output Size: Scale(%)--10%
  • Rendering Options: Blending Method: None
  • Orientation Settings: Manual orientation settings: 0, 0, 0
  • Image Rotation: Clockwise
合成結果Pano_20070522_11b2
一番若い名前に変更したファイル:DSCN0109.JPG(下段中の赤味が強いところ)
  • Output Size: Scale(%)--10%
  • Rendering Options: Blending Method: None
  • Orientation Settings: Manual orientation settings: 0, 0, 0
  • Image Rotation: Clockwise
合成結果Pano_20070522_11b3
一番若い名前に変更したファイル:DSCN0113.JPG(右下)
  • Output Size: Scale(%)--10%
  • Rendering Options: Blending Method: None
  • Orientation Settings: Manual orientation settings: 0, 0, 0
  • Image Rotation: Clockwise

Manual orientation settingsの時は一番若い名前のファイルが水平の基準になるらしい。

この実験に使ったパノラマ写真はAuto Straightenだと主役の雲が間延びしてしまうし、Manual orientation settings: 0, 0, 0だと傾きの方向が気に入らないし、困ったなあと思っていた。修正する方法が見つかって嬉しい!

写真Pano_20070522_11b

ということで境目がないようにレンダリングし直したパノラマ写真を。

|

« Autostitchで実験(素材ファイルの順番を変える その1) | トップページ | Autostitchの設定(傾きを調整する その1) »

パノラマ写真」カテゴリの記事

パノラマ写真(Autostitchの設定)」カテゴリの記事

旅行・地域-アクロス福岡」カテゴリの記事

町並み」カテゴリの記事

自然-空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8228/15620244

この記事へのトラックバック一覧です: Autostitchで実験(素材ファイルの順番を変える その2):

« Autostitchで実験(素材ファイルの順番を変える その1) | トップページ | Autostitchの設定(傾きを調整する その1) »