« 離れない | トップページ | 西鉄のラッピングバス2007 »

2007/09/21

川上音二郎の銅像

川端商店街の入口にあった明治時代の演劇人・川上音二郎の銅像(→2006年3月27日の写真)は、福岡銀行博多支店の新ビル建設工事のため現在姿を消している(→2007年9月18日の写真)。(一時期は地下鉄の駅への入口もなくなっていたが今は復活している。)

移転先は博多小学校の敷地内。それがどこかというと、

写真20070921c

昭和通りの大博通りに近いところ。蔵本町のバス停の前、デイリーヤマザキの隣。

写真20070921d

この柵の中。

写真20070921e

童子のように見えるけれど、元になったと思われる絵は大人の姿。

下は周辺のパノラマ写真。

写真Pano_20070915_06a
向かい側のバス停から。180度近い範囲。
大きいサイズ→pano_20070915_06al.jpg (457KB)
写真Pano_20070915_07
昭和通りと大博通りの交差点から。360度近い範囲。
大きいサイズ→pano_20070915_07l.jpg (1.1MB)

|

« 離れない | トップページ | 西鉄のラッピングバス2007 »

パノラマ写真」カテゴリの記事

定点観測」カテゴリの記事

旅行・地域-中洲・川端」カテゴリの記事

町並み」カテゴリの記事

町並み-工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8228/16518063

この記事へのトラックバック一覧です: 川上音二郎の銅像:

« 離れない | トップページ | 西鉄のラッピングバス2007 »