« 清掃中 | トップページ | 閉店セール »

2008/07/03

「那の津往還」と「那の津幻想」

なんだか似ている2つの彫刻。

写真20080703a

後ろから→20080703b.jpg

写真20080703c

後ろから→20080703d.jpg

上は2007年5月13日撮影、下は2008年6月16日撮影。どちらも豊福知徳という人の作品。

上の赤い方が「那の津往還」。1996年に博多港引揚記念碑(敗戦後大陸からの引き揚げ者の受け入れ港だった)として作られた。中央埠頭のマリンメッセ福岡のそばにある。

写真20080703e

下の黒い方が「那の津幻想」。1987年作。下川端町の博多座の前にある。これをもっと抽象化したのが「那の津往還」ということだろうか。こちらは船の上に立っているのが人間だと思えるけれど、あちらの赤い方は説明文がなかったら帆としか思えない。

写真Pano_20080630_09b

大きい写真→pano_20080630_09bl.jpg (590KB)

福岡市のサイトにあるページと見比べると周りが様変わりしているのにびっくり。台座も葉に埋もれて題名が読めなくなっている

※2008年7月19日追記

「那の津往還」を博多ポートタワーからクローズアップで撮ってみた。これは船の中はくり抜いていないみたい。→20080703g.jpg

|

« 清掃中 | トップページ | 閉店セール »

パノラマ写真」カテゴリの記事

旅行・地域-中洲・川端」カテゴリの記事

旅行・地域-海沿い」カテゴリの記事

町並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8228/41720524

この記事へのトラックバック一覧です: 「那の津往還」と「那の津幻想」:

« 清掃中 | トップページ | 閉店セール »