« 幻の青信号 | トップページ | 新しい博多高等学園完成間近 »

2013/05/10

福岡都市高速と山笠

博多祇園山笠のガイドブックに書かれていたとあるものを見に御笠川へ行った。

写真20130509p1620013
御笠川に架かる石堂大橋。
写真20130509p1620039
橋を渡って千代町の方へ。
写真20130509p1620038
車道の真上、都市高速の橋桁の裏に
写真20130509p1620037
雲。

神様を乗せたヤマが道路の下をくぐるのは差し障りがあるということでこれが取り付けられたらしいんですが。(博多リバレインのように高速道路を跳ね橋にするわけにはいかないし。)

写真20130509p1620132写真20130509p1620161
石堂橋と西門橋のそばにも雲が。
写真20130509p1620163
西門橋のところが一番見やすかった。真ん中と四隅に「雲」と書かれている。言霊の国ですなー。

|

« 幻の青信号 | トップページ | 新しい博多高等学園完成間近 »

町並み」カテゴリの記事

旅行・地域-福岡市内のその他の地域」カテゴリの記事

コメント

2019年にはSINN社から独立しました ムーブメントが組み上がった状態で、精度の調整を行います。
使用頻度に関わらず、ムーブメント内部の油は3年~5年程度で蒸発・劣化してしまうため、定期的なメンテナンスをお勧めしております。
・本ベルトですが、非常に短い期間だけ生産されたベルトとなり、現在は「生産終了/希少品」となります。
是非お試しあれ! ですが、非常に存在感のある時計です。
カタログで採用されたベル&ロスの腕時計が、注目を集めないハズはありません。
時計メーカーと同様の機材を導入しているため、ベル&ロスの独特な形状のケースもしっかりと磨くことができます。
ケース上の4本のスクリューは実際のコックピットの計器を固定するために用いられるものと同様のもので作られています。
裏蓋はシースルー仕様で、機械式ムーブメントを鑑賞することが可能です。
ベル&ロスの全てのモデルの中で、一番人気モデルであるBR03シリーズ。
この時計で、お仕事で得意先に行くのは、止めようと思います(笑)。
ベル&ロスが掲げた”世界最高峰の時計を作る”というコンセプトに最も近いモデル”BR”シリーズが産声を上げます。
この大迫力のスクエアケースは世界的なトレンドも味方して、時計好事家以外にも、セレブやファッショニスタを虜にしていきます。
BRシリーズはプロスペックのパイロットウォッチ、視認性、機能性、耐久性においても、老舗高級時計ブランドと肩を並べる事の出来る本格的腕時計。
時計の印象を大きく左右する文字盤カラー。
この価格帯の時計で存在感を求めるなら、十二分に購入する候補に入れても良いと思われます。
ジャックロードでは今回ご紹介したカラーやブランド以外にも、多数の時計を取り揃えております。
オレンジの先端が特徴的なGMT秒針が、海外滞在中でも別都市の時間帯を指し示します。
パワーリザーブ40時間。
そんな伝統的なモデルを受け継ぐこのシリーズは、王道のミリタリーウォッチデザインが特徴。
世界的デザイナーであり、洒落者としても有名なラルフロー氏は、ベル&ロスのBR01シリーズを大変気に入ります。
ベル&ロスのBR01シリーズは入手困難となるほど、爆発的なセールスを記録します。
ベル&ロスを代表する「BR」シリーズは、見る人が見れば一発でその価値がわかります。

激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 https://www.yutooz.com/brand/list-122.html

投稿: 激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 | 2020/06/25 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡都市高速と山笠:

« 幻の青信号 | トップページ | 新しい博多高等学園完成間近 »